最新ニュース

昨年も黒字で大成功だった近隣5市稲門会による稲門祭フランクフルト販売の模擬店については、今年は校友会埼玉県支部の看板を背負う代わりに5万円の補助を受けるという体制で実施しました。晴天にも恵まれ フランクフルト2本セット 240セット、缶ビール  120本、レモンHi  48本、ウーロン茶 26本を売り上げ、売上金117,800円に達しました。諸経費等を差し引いて県支部からの補助を除いて5千円ほどの黒字となりました。

物品の移動にタクシーを利用したこと、初めての参加者にQUOカードをだしたことで策年より利益が少なくなったものと思われます。なお、各稲門会からの供出金5000円は返還されました。新座の参加者:伊藤会長、今野さん、伊藤ご夫妻、齋藤の5名。細川さんご訪問ありがとうございました。新座在住の校友らしき方々数名いらっしゃいました。来年はその対策も必要と思いました。

11月7日19時より実行委員会の解団式が志木駅前の「一休」で開催され、新座を代表して斎藤が参加しました。

この企画は昨年、台風接近のために中止でした。

七時半、いつもの片山交差点付近に集合してバスに乗車。関越・上信道を通り、東御ICでおりて、道の駅「雷電くるみの里」(写真1)へ。私は毎年菅平にスキーに行く途中でいつも寄っているところですが、果物等新鮮なものを置いているせいか、ものすごい混みようにびっくり。そのあとはお目当ての岳の湯温泉「雲渓荘でのマツタケ料理、土瓶蒸し、マツタケご飯、マツタケのすき焼きなどをいただき、おなか一杯の中、温泉にも浸かりました。

 もう一つのメイン、上田電鉄のハーモニカ電車に別所温泉駅から乗車。上田電鉄に乗車。下之郷駅までの間、ハーモニカ駅長の懐かしい童謡のハーモニカ演奏と社外の景色を楽しみました。なお、その後台風19号により、我々も通った千曲川橋梁が落ちてしまったと聞き、大変びっくりしました。

参加者:阪本洋右さん、近藤進さん、細川太嘉司さんと、齋藤と齋藤妹

この記事の続きを読む

2019年10月27日(日)午後2時から4時まで、新座市北野三丁目にある「北野憩いの森
」にて、第8回「森の音楽会」が開催されました。
新座稲門会からは、小見野成一さん(ISSEI イッセイ)、伊藤幸子・博(チコ&ヒロ
シ)がISSEIとチコ&ヒロシで、秋浦良子さんもソロで「学生時代」熱唱!他にも、京
都で結成されたのMSーDOS、ISSEI&MICKY、ISSEI&ちいはいなどのグループが懐かしの
フォークソングをはじめ、童謡や民謡、英米の曲を会場の皆さんと一緒に歌いました。
天候にも恵まれ、木漏れ日と小鳥のさえずりの聞こえる中、癒やしの2時間を過ごしま
した。
次回は2020年5月に開催予定です。入場無料です。開催前にご案内をホームページに掲
載しますので、ぜひ、お誘い合わせの上、おでかけください。

(伊藤博・幸子)

この記事の続きを読む